FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別実習(6)

「ところでみなさん。みなさんが性犯罪に合うとしたら、どのような時間が多いと思いますか」
 先生の質問に対し、一人の生徒が「夜」と答えた。
「その通りです。では、どのような場所が多いでしょうか」
 この質問に対しては「公園」、「路地」、「空き地」、「電車の中」などさまざまな意見が出た。
「どれも正解です。……ちょっと質問を変えますね。どのような場所で性犯罪者に会うと恐いでしょうか。少し想像してみてください」
 生徒達が想像をめぐらせている間、しばしの沈黙が訪れた。そして、「大人の人がいないところで、変な人にあったら恐いと思います」と、女子生徒の一人が不安気に言った。石川先生が満足気な顔をする。
「そうですね。みなさんが性犯罪者に会ったとき恐いのは、回りに大人がいないことです。先ほどの答えと合わせると、夜に人気のないところに行くのが危険といえそうです。では、皆さんがそういった時間にそういった場所に行くのは、どのような場合が考えられるでしょうか」
 再びさまざまな意見が飛び交った。今度は「花火」という答えが出たところで、先生は頷いた。
「今答えてもらった通り、皆さんが夜、人気のないところに行くとしたら、花火が多そうです。だから性犯罪の危険に備えて、大人の人が一緒でないときは、花火をするのは控えた方がいいです。でも花火はきれいだし、楽しいですよね。だから性犯罪者なんていうくだらない人のために、これをあきらめるのはくやしいです。そこで今から、花火のときに性犯罪に巻き込まれたときのための、とっておきの対処方法を説明します」

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

プロフィール

hz

Author:hz
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
Lc.ツリーリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ランカー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。