FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風の残滓(※)

参考サイト:愛しのレインコートフェチ

 この小説を書くにあたり、上記のサイト様を参考にさせて頂きました。よくまとめられており、内容も多彩で、楽しませてもらいました。

テーマ : フェチ
ジャンル : アダルト

台風の残滓(4)

「お待たせ」
 切符を買い終えた夏美先輩が戻って来た。僕達は改札をくぐってホームへ下りる。
「わたしの家、A町にあるんだけど、電車だと不便なんだよね。いったんK駅まで出なくちゃいけないの」
「そうですか。面度くさいですね。でもA町から自転車だと疲れませんか」
「まあ、結構疲れるかな。特に雨の日は大変。うちの高校、自転車乗る場合、レインコート着るのが決まりでしょ。あれ着て体動かすと熱いのよね。もう汗ぐっしょりになっちゃう。特に夏なんかサウナ状態」
「大変なんですね」
「うん。それに高校生でレインコート着てる子なんか、めったにいないでしょ。だから、ちょっと恥ずかしいんだよね。特に地元で中学の時の知合いにあったりすると、うひゃーって思っちゃう」
「へえ、以外ですね。先輩でも人目を気にしたりするんですか」
「以外って……わたし、十七歳の女の子よ。そりゃあもう、いろいろと恥じらいを感じるお年頃な訳よ」  
 そんな会話を続けるうちに列車が到着した。
 まだ早い時間なので車内は空いていた。席に座りおしゃべりをしていると、あっという間にK駅に着いてしまった。
 ホームへ降りると、雨はだいぶ小降りになっていた。
「台風それたみたい」
「そうみたいですね。でも、明日も部活はむりっぽいですね」
「そうねえ……雨やんだとしても、グランドぐちゃぐちゃだろうから」
 僕達はホームを歩いて行き、階段を登り、構内広場に出る。そして、不本意ながらお別れの言葉を言おうとしたときであるーー
 先輩が何か思い付いたような表情をして、僕の顔を見つめてきた。
「ところでさ、山崎君って、家から駅まで何で通ってるの?」
「自転車ですけど」
 ふうん、と先輩は何やら意地悪そうな笑顔を浮かべた。
「じゃあ、もちろん校則だから、ちゃんとレインコート着てるよね」
 い……いや……、と僕は口ごもる。
「着てないみたいね。だめだぞ、校則やぶっちゃ」
「そういえば、確かにまずいですね」
「うん、そうよ。それで、わたし部長だから、部員を監督する義務があるのよね。ちゃんと校則守るって、約束してくれる?」
「約束します」
 僕が返事をすると、先輩は再び意地悪そうに笑った。
「それじゃあ今日は、どうやって帰るつもりなのかな」
「そ、それは……」
「もしかして、いきなり約束やぶるき?」
「だって、そう言われても、今日はレインコート持ってないし……」
「そうよね。ないんじゃしょうがないわよね」
 先輩はそういうとバックを開けて、先ほど着ていたレインコートの入った袋を取り出した。「って言うと思っただろうけど、残念でした。わたしが貸してあげちゃうんだな」
 僕はしばし絶句する。
「そ、そんな……悪いですよ……」
「ううん、悪くない悪くない」
 首を振りながら、先輩はレインコートの袋を押しつけてきた。そして、傘は返してね、と折り畳み傘を代わりに受け取る。 
「ありがとうございます。使わせてもらいます」
 僕は先輩のレインコートを見つめながら、やっとのことでそう言った。
「ほんとにちゃんと着る」
 先輩は腕を組む。「部長としての責任を果たすためには、やっぱり着てるところを見ないとね」
「も、もしかして、ここで着替えろっていうんですか」
「もちろん」
 でっ……でも……、と僕は周りを見渡した。ラッシュの時間ではないが、それなりに人の数は多い。こんなところで女の子に見られながら着替えをするのは、ちょっとどころかかなり恥ずかしい。そんな僕の様子を見て、少しSっ気のある先輩はますます嬉しそうな顔をする。
「ほら、観念しなさい。早くしないと知合いが通るかもしれないぞ」
 僕は震える手で袋を開け、レインコートを取り出した。ゆっくりと広げる。そしておそるおそる腕を通したとき、皮膚に伝わるひんやりとした感触に、悲鳴をあげそうになる。
 先輩は楽しそうに僕の様子を観察している。僕は興奮と羞恥で頭がくらくらしてきた。もちろんこんなところで、しかも先輩の見ている前で欲情するわけにもいかず、必死に理性を保とうと努める。
 どうにか着用を終えると、先輩が近付いてきて、襟元に手を伸ばしてくる。僕は思わず身をすくませる。先輩の手は僕の止め忘れた一番上のぼたんを止め、頭にフードを被せた。
「せ、先輩」
 混乱の中で僕が発した声はうわずっていた。先輩が不思議そうな顔をして、なに? と聞いてくる。
「あ、あの……レ、レインコート、明日までに返します。もし雨降ったら困るから……そ、そうだ、絶対ちゃんと洗って返します」
「なんだ、そんなことか。いいよ、気にしないで。古くなって痛んできちゃったから、この前新しいの買ったとこ。だから、あげるよ。って、いらないか」
「い、いえ、いただきます。ぜ、ぜひとも、頂戴いたします」
 僕の口調が可笑しかったようで、先輩は吹き出したように笑った。
「そのレインコート、けっこう着たからね。最近、それ着て汗かくと、匂いが制服についちゃって。女子高生から異臭がしたら、ちょっとまずいでしょ」
 僕は鼻に神経を集中する。塩化ビニールの香りに混って先輩の香りが漂ってきて、興奮が全身を駆け巡る。
「山崎君、今、匂い嗅いだでしょ。におう? でも、わたしみたいなかわいい女の子の汗は、貴重なんだからね」
 それは重々承知しています、と僕は心の中で頷いた。その時、列車の到着を告げるアナウンスが響く。
「あ、電車来たみたいだから行くね。ちゃんとレインコート着て帰るんだぞ」
 そう言い残して夏美先輩は去って行った。僕はレインコートの中で先輩の香りに包まれながら、しばらくの間ぼおっと立ち尽くしていた。
 駅の建物を出ると雨はすっかり止んでいた。レインコートを着込んだ自分が途方もなく場違いで、僕は我に返り、呆れた気分になってしまった。

(END)

テーマ : フェチ
ジャンル : アダルト

台風の残滓(3)

 夏美先輩の姿が見えなくなった後、僕は自分の傘を使おうか、それとも借りた傘を使おうかしばらく迷っていたが、せっかくなので先輩の傘を使わせてもらうことにした。
 校門をくぐるとき、体育教師が傘を差して立っていたので軽く礼をすると、台風が来てるらしいからな、寄り道しないで帰れよ、と声をかけられた。
 しばらく歩くと足元がびしょ濡れになった。制服のズボンが水を吸って脚にまとわりついてくる。夏美先輩のレインコート姿を見られたのは収穫だったけれど、授業が終わってすぐに帰宅していればここまで本降りではなかったのにと考え、ほんの少しだけ後悔する。
 駅までの道のりの三分の二程を来たときだ。後方から水を弾く足音が聞こえた。振り向くと、レインコート姿の夏美先輩が小走りに駆け寄ってくる。
「もう最悪。台風が近付いてるから、自転車禁止なんだって。風が強くなったら危ないからって、校門のところで止められちゃった」
 僕の脳裏に傘をさして立っていた体育教師の顔が浮かぶ。
「別にだいじょぶなのに。なんてったってわたし、運動神経抜群だから。そんなことよりこの美貌でしょ。変質者に襲われないか、そっちの方を心配してほしいわ」
 僕は、はいはい、と相槌を打ちながら、先輩のレインコートに覆われていない手や顔が、雨に濡れて赤くなっているのに気付いた。
「とにかく入ってください」
 慌てて頭上に傘を差し出すと、ありがと、と言って先輩はフードを取った。先輩が手を上げたとき、僕の半袖の制服から出た腕にレインコートが触れた。ツルリとした冷たい感触に、思わず身震いしてしまう。塩化ビニールの香りが鼻孔を刺激する。
「どうしたの?」
 先輩が顔を覗き込んでくる。どうやら僕の様子に不自然さを感じたようだ。
「なんでもないです……それより、雨すごいですね。早く駅まで行きましょう」
 そう言って僕は急いで歩き出した。先輩も慌てて付いてくる。歩く度に体が触れ合い、レインコートの生地が皮膚を愛撫する。衣擦れの音が悩ましいリズムを刻む。僕は快感に包まれながら、と同時に理性の糸を固く握りしめ、駅への道を進んで行った。
 駅に着いたときには、僕は疲れ果ててしまっていた。しばらくぼんやりとした後、先輩がレインコートを脱ぐ様子を眺めながら、ぼさつく折り畳み傘を小さくまとめる。
「山崎君、駅どこ?」
 レインコートを脱ぎ終えた先輩が聞いてきた。
「K駅です」
「あっ、じゃあ途中まで一緒だ。山崎君は定期だよね。わたし切符買ってくるから、ちょっと待っててね」
 先輩はそう言うと、券売機の方へ走って行った。
 そわそわした気分の僕にとり、待ち時間の手持ち無沙汰はなかなか手強くて、思わずきょろきょろしてしまう。通い慣れた駅の光景を見ながら、なんか迷子の子供みたいだな、と恥ずかしくなる。

テーマ : フェチ
ジャンル : アダルト

台風の残滓(2)

 僕がこの高校に通うようになってやがて半年が経つ。入学当初、第一志望校の受験に失敗しての不本意な入学だったため、気分が沈みがちだった。朝、地元の駅でかつての同級生が僕の憧れていた高校の制服を着ているのを見て嫉妬し、彼らと反対方向に向かう電車に乗ることに虚しさを覚え、吊り広告に僕が落ちてしまった高校の名を見付けるだけでも憂鬱な気分になった。そんな訳で学校に着く頃には、既に気が滅入ってしまっていた。
 教室の中、僕はひたすらぼんやりと窓の外を眺めて過ごした。ただでさえ内気な性格の僕は、クラスメイト達が友人の輪を広げていく傍で、次第に孤立を深めていった。
 憂鬱な日々に転機が訪れたのは、入学式から数週間が経った雨の日だった。
 駅から高校までは一キロ弱の距離だ。中央線のない道路の端を駅舎を出た生徒達が歩いている。それを自転車通学の生徒達が追い抜いて行く。いつもの通学風景だ。しかし、雨の日ということで、徒歩の生徒達は傘を差していた。そして自転車通学の生徒達はーー
 皆レインコートを着用していた。色取り取りのレインコートに身を包んだ少女達の姿に、僕は目を奪われてしまった。
 光沢感のある生地が艶めかしい輝きを発している。自転車を漕ぐ動作に合わせて衣擦れの音が響く。
 僕はペニスが起立していることに気付き、慌てて腰を引いた。そんな僕の様子に怪訝そうな表情を浮かべながら、セーラー服姿の少女が追い抜いて行った。
 僕がなぜレインコートフェチになったのか、正確なところは分からない。小学生の頃、テレビの中で、レインコートを着たきれいなお姉さんが台風の中継をしているのに見取れた記憶が残っているから、その辺りに原因があるのかもしれない。とにかく精通を迎える頃には、レインコートを着た女性が欲情の対象となっていた。
 その日を境にして僕の内部に変化が生じた。とは言っても、やっぱり僕は内気なままだし、後向きな考えをすることも多かった。しかし、僕の心の中にぽっかりと空いていた穴は確かに塞がっていた。
 朝起きて雨が降っていると心が弾んだ。教室の窓から見える空がどんよりと曇っているのを見て、胸が高鳴った。まったく雨が降りそうな気配がないときでも、わずかばかりの可能性に期待感を募らせた。
 楽しみができると人間、活力が湧き行動的になるものだ。僕は他の生徒より一ヶ月ほど遅れながら、部活動に入部した。中学時代にやっていたということで陸上部を選んだ。この時期の入部は引っ込み思案な僕にとり、なかなか勇気がいることだった。
 やはり僕はなかなか輪に入っていくことができなかったが、そんなとき気を回してくれたのが夏美先輩だ。人気者でいつも周りに人の集まる先輩が親しくしてくれることによって、自然に他の部員との繋がりもでき、内気な僕もなんとか集団に溶け込むことができた。
 しばらく経つと僕は先輩に恋心を抱いていた。もっともそれは成就することを念頭に置いたものではなく、単に憧れだった。それでも、いやそれだからこそ僕は、先輩と共に過ごす晴れた日の部活動の時間がたまらなくいとおしかった。
 こうして僕の高校生活は、雨の日も晴れの日も心踊るものとなった。

テーマ : フェチ
ジャンル : アダルト

台風の残滓(1)

 重そうな雨がアスファルトを打っている。灰色の厚い雲がくまなく空を覆い、大地にのしかかっている。ガラス扉に付着した水滴がゆっくりと移動し、他の水滴と交わって、勢いを増して流れ落ちる。
 登校口の中で雨宿りを始めてからかなりの時間が経過するが、雨足は強くなる一方だ。下校していく生徒の姿もぽつりぽつりとしか見掛けなくなってきた。
 そろそろ帰るか。
 そう思い、僕はバッグに手をかける。教科書をかき分け、その下から折り畳み傘を取り出そうとしたときであるーー
 衣擦れの音が薄暗い登校口に響いた。
 しばし後、下駄箱の影から現われたのは、セーラー服の上に透明なレインコートを着た少女の姿だった。目が合う。
「山崎君どうしたの、こんな時間まで残って。今日雨で部活ないのに」
 夏美先輩はそう言いながら歩み寄って来た。僕は、いえ……別に……、と曖昧な返事をしながら目をそらす。再び視線を合わせたとき、先輩は口元に笑みを浮かべていた。
「ふうん、なるほどねえ、彼女ができたわけか。放課後の教室で愛の語らいをーー」
「そ、そんなんじゃないですよ」
 僕は慌てて口をはさんだ。
「まあまあ、そう照れないで」
 と先輩は言った後、一つ大きな溜息をついた。「まったく一年生のくせに、先輩でしかも部長のわたしを差し置いて、先に彼女を作るなんてーー」
「だから違うって言ってるじゃないですか」
「まっ、そういうことにしといてあげるわ」
 先輩はからかうような口調で言った。「ところでわたし、口は堅いんだよね。だから……」
「だからなんですか?」
「誰にも言わないから、どこまでいったか教えてよ」
「マジで怒りますよ。それより先輩こそ、こんな時間まで何やってたんですか」
「わたし? わたしは生徒会」
 夏美先輩は生徒会役員をしている。陸上部の練習はけっこう忙しいので兼任は大変だろう。ましてや先輩は部長だ。それなのに前回の学力試験で成績優秀者として名前が載っていた。
「なんでそんなに頭いいんですか」
 疑問をそのまま口にしてみた。突然の質問に先輩は一瞬、意表を突かれたような顔をしていたが、すぐに得意そうな表情になる。
「才能よ、才能。天の恵。でも、わたしみたいに恵まれた女の子は苦労が多いのよ。かしこくて、美人で、スポーツも得意で、しかも性格がいいと、嫉妬されて大変なんだから」
「はいはい、そうですか」
「そうなのよ。本当にそうなの。なのに、なんで彼氏ができないんだろ」
「なんででしょうね」
「山崎君、立候補してみる」
 します、と思わず言いそうになり、慌てて口を閉ざした。夏美先輩に思いを寄せる男子生徒の数は、おそらく一桁では効かないだろう。本人が冗談めかして言っていることは、あながち見当はずれではない。もし先輩が人並に恋への関心をもつ少女なら、あっという間に彼氏ができるに違いない。
「もしかして山崎君、傘ないの?」
 僕はギクリとする。一瞬間を置いて、ええ、と短く答えた。すると先輩はバッグを開け、中から折り畳み傘を取り出した。
「もう、台風がこっち向かってるって、天気予報でいってたじゃない。どうせ朝、雨降ってなかったから、傘持ってこなかったんでしょ」
「はい。その通りなんです」
 先輩は少し呆れ気味の顔をして、傘を差し出してくる。僕が、ありがとうございます、と言って受け取ると、レインコートのフードをかぶり、じゃあまた明日ね、と手を振って、雨の中へと出て行った。僕はその姿を見送りながら、今日は収穫だった、と思わずにんまりしてしまう。

テーマ : フェチ
ジャンル : アダルト

プロフィール

hz

Author:hz
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
Lc.ツリーリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ランカー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。